Main | June 2004 »

May 29, 2004

戸隠探鳥結果

戸隠を中心にその周辺でバードウオッチングを楽しんできました。
先週とはうって変わった天候に恵まれ、火曜日(25日)から4日間
素晴らしい自然の中で野鳥観察を堪能してきました。

戸隠探鳥結果
探鳥場所:戸隠(森林植物園、大谷地湿原、牧場)、鬼無里(奥裾花
       自然園)、飯綱高原、黒姫山高原、野尻湖
探 鳥 日 :2004年5月25日(火)~28日(金)
天 候 :晴れ
環 境:自然林、湿地、高原、他
観 察 種:

1.カイツブリ 18.サンショウクイ 35.ヤマガラ
2.オシドリ 19.ヒヨドリ 36.シジュウカラ
3.カルガモ 20.モズ 37.ゴジュウカラ
4.トビ 21.カワガラス 38.キバシリ
5.クマタカ 22.ミソサザイ 39.メジロ
6.キジ 23.コマドリ 40.ホオジロ
7.キジバト 24.コルリ 41.アオジ
8.カッコウ 25.クロツグミ 42.クロジ
9.ツツドリ 26.アカハラ 43.カワラヒワ
10.ホトトギス 27.ウグイス 44.イカル
11.アオゲラ 28.オオヨシキリ 45.シメ
12.アカゲラ 29.センダイムシクイ 46.ニュウナイスズメ
13.コゲラ 30.キビタキ 47.スズメ
14.ツバメ 31.オオルリ 48.コムクドリ
15.イワツバメ 32.エナガ 49.ムクドリ
16.キセキレイ 33.コガラ 50.カケス
17.セグロセキレイSP 34.ヒガラ 51.ハシブトガラス

【コメント】

 1.主な観察場所は戸隠森林公園と奥裾花自然園(鬼無里)です
   が今回はその他色々な場所に寄って鳥の様子を見てきました。

 2.森林植物園はアカゲラ、アカハラ、ゴジュウカラの多さが印象に
   残りました。早朝の野鳥達の囀りは賑やかで、子育ての様子も
   各所で観察できました。

 3.27日は奥裾花自然園を初めて訪ねましたが、オオルリの数が
   多く、コルリやキビタキ、オシドリなども確認でき、ブナ林や湿地
   など自然も豊かで、また訪ねたい場所だと思いました。
   奥裾花自然園については下記のホームページなど多くのサイト
   で様子を知ることができます。  
 
    http://www.shinshu-tabicom/kinasa.html

 4.27日には森林植物園の水芭蕉園内でアカショウビンが鳴き回
   る声が多くの野鳥観察者により確認されたそうです。
     
 6.森林植物園からあまり遠くない所にある戸隠牧場も広大で、
   のんびりと過ごすには良い所です。

ohyosi040525.JPG
        オオヨシキリ 大谷地湿原にて

cuckoo040528b.JPG
        カッコウ  戸隠牧場にて

kibi040527.JPG
        キビタキ  奥裾花自然園にて

sansho040526.JPG
        サンショウクイ  戸隠森林植物園にて

 



| | Comments (11) | TrackBack (0)

May 24, 2004

東京バードフェスティバル

 5月23日(土曜)、24日(日曜)の両日東京港野鳥公園で「東京
バードフェスティバル2004」が開催されましたので、私も自分が
所属する野鳥の会神奈川支部のブースでお手伝いをしました。
 会場にはバードウオッチングが好きな老若男女が多数訪れ、様々
な展示やイベントを楽しんでおられました。
 私も神奈川支部のブースを訪れる方々との交流を楽しむかたわら、
双眼鏡などの観察器具の展示場を覗いたり、ネイチャーセンター
から公園内の野鳥の姿を観察したりと、週末の二日間を有意義に
過ごしました。
images/040523d
  神奈川支部のブースで鳥名当てクイズを楽しむ親子ずれ
  (右端はお手伝いの浪本さん、左端は神奈川支部の鈴木
   支部長)

 神奈川支部のブースでは多数の支部会員が協力して作成した
神奈川県の野鳥観察記録集や私が協力して作成した写真集
「小網代の鳥」のCDも展示販売されました。そのため小網代の
森を守る会の浪本さん(上記写真に登場)と竹内さんがブースを
訪れる見学者に応対して下さいました。

 小網代の森の様子やCDについては下記のホームページを
お訪ね下さい。

 http://www.asahi-net.or.jp/%7EJD9H-NMMT/

 http://www.asahi-net.or.jp/%7EJD9H-NMMT/guide_00.htm

040523a.JPG

 会場には最近日本野鳥の会の会長に就任された柳生 博さんも
 訪れました。(柳生さんの右側は神奈川支部長の鈴木さん、左は
 同じく神奈川支部の広域自然観察部長の中村さん)


 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 17, 2004

小網代での野鳥観察結果

三浦半島の先端にある小網代湾に面して約100ヘクタールほどの小さな森があります。これが私の野鳥
観察場所の一つである小網代の森です。
森に降った雨は小さな流れとなり、それが集まって全長1.5kmほどの小川となり小網代湾に流れこんで
います。ここだけで小さな自然体系(集水域)が出来上がっています。
森には湿地もあり、様々な植物や昆虫・鳥などの生き物で賑わっています。

森はゴルフ場とか住宅地への開発を奇跡的にまぬがれ、神奈川県および地元の三浦市が保全の方針を
決めましたが、まだ大分部は私有地です。

この森での最近の探鳥結果を紹介します。


観 察 日:2004年5月12日(水)
観察時間:12:00-15:00
天  候:曇り一時小雨
観察結果:

1.アオサギ 7.コゲラ 13.メジロ
2.トビ 8.ツバメ 14.ホオジロ
3.コジュケイ 9.ヒヨドリ 15.カワラヒワ
4.キアシシギ 10.ウグイス 16.スズメ
5.キジバト 11.エナガ 17.ムクドリ
6.カワセミ 12.シジュウカラ 18.ハシブトガラス

観察ルート:小網代漁港→宮前の峠→ベンケイ橋(中央の湿地の
ジャヤナギでUターン)→宮前の峠→イギリス海岸→
宮前の峠→小網代漁港

コメント:

1.ウグイスは子育てが始まっているのか、以前ほど囀っている
個体数は多くなかったです。

2.ツバメが海岸の石橋の上流側で巣作りのための泥を集めたり、
湾の上空を高く低く活発に飛び回っていました。

3.7~8羽のエナガの群れが石橋の周囲の木の中を活発に飛
び回っていたり、スズメが水浴びをしたり、カワセミが現れたり、
ホオジロが樹上で囀ったりと、石橋の欄干の端に座っていると
色々な鳥が様々な姿を見せてくれました。

4.アカテガニの姿も森のあちこちで見かけるようになりました。

enaga0405.JPG

7~8羽のエナガが木の中を飛び回っていました。


| | Comments (18) | TrackBack (0)

Main | June 2004 »