« September 2004 | Main | November 2004 »

October 29, 2004

10月の小網代

タカの渡り観察などでご無沙汰していた小網代を久し振りに訪ね
ました。
ツグミやアオジなどの冬鳥が来てるかなと期待して出かけたので
すが未だでした。
でも、湾内にはマガモに混じってスズガモのメスが1羽海面に浮
いていました。

観 察 日:2004年10月22日(水)
観察時間:10:15-12:00
天  候: 晴れ
観察結果:
1.コサギ 7.コジュケイ 13.シジュウカラ
2.アオサギ 8.ウミネコ 14.メジロ
3.マガモ 9.ハクセキレイ 15.カワラヒワ
4.カルガモ 10.ヒヨドリ 16.スズメ
5.スズガモ 11.モズ 17.ハシブトガラス
6.トビ 12.イソヒヨドリ

観察ルート:小網代漁港→宮前の峠→イギリス海岸→宮前の峠→
ベンケイ橋→中央の湿地(ジャヤナギでUターン)→ベンケイ橋→
宮前の峠→小網代漁港

コメント:
1.小網代湾の藤ヶ崎寄りにマガモとカルガモに混じってスズガ
モのメスが1羽海面上を漂っていました。

2.モズのメスが1羽、湾に面した木の天辺や電線など場所を変
え「キィーキィキィキィ」と高鳴きしていました。

3.湾の周囲にくらべ、森の中では小鳥の声はあまり聞こえなか
ったです。

4.そろそろ冬鳥が渡って来ていないかなと期待していたのです
が、未だでした。

suzu_magamo0410.JPG
スズガモ(左側)とマガモ(右側)

mozu0410b.JPG
イギリス海岸の電線に止まったモズ(メス)

hakuseki0410.JPG
ハクセキレイ 小網代湾内に浮かんだ小さなフロートの上で
休んでいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2004

クロハラアジサシ

三浦半島では珍しいクロハラアジサシ1羽がふらりと横須賀に
姿を現しました。
図鑑を見ると、日本には旅鳥として港湾、入り江、川、池、水田
などに渡来するが数は少ない、と説明されています。
今回飛来した場所は灌漑用の池で、上空を旋回し、時々ダイブ
して魚を捕らえています。
追記: まだ居るかな?と思って今日(24日)も見に行ったら、
まだ居ました。場所は轡堰(くつわぜき、横須賀市長井)です。

kurohara_ajisasi041018b.JPG
クロハラアジサシ 夏羽から冬羽に換羽中

kurohara1022.JPG
指の間に少し膜が見える。嘴が黒くなってきた。(24日撮影)

kurohara041024.JPG
羽の一部が抜けている。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

October 14, 2004

最近の探鳥結果(10月11日)

大型台風22号の通過直後に東北方面に出かけました。
もしかして風に飛ばされて珍しい鳥が来ていないかと期待して
出かけたのですが、期待通りにはゆきませんでした。(*_*)

nobitaki_mesu0410.JPG
   ノビタキのメス

hibari041010.JPG
   ヒバリ

atori041011aa.jpg
   アトリ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 03, 2004

タカの渡り

三浦半島では毎年今頃沢山のタカが南の国を目指して渡って行き
ます。
私はこの時期はお天気さえ良ければ、横須賀市の西部に位置する
武山(たけやま)に登り、山頂からタカの渡りを観察しております。
武山上空を渡って行く主なタカはサシバです。
その他少数ですがハチクマも通過します。
またこの時期にはオオタカやハイタカ、ツミ、ノスリ、ハヤブサ、チゴ
ハヤブサ、ミサゴ、チョウゲンボウなどのタカも姿を現します。
大量のアマツバメや、エゾビタキ、サメビタキ、コサメビタキ、
オオルリ、キビタキ、サンショウクイなどの小鳥たちも南に渡って
行きます。

sasiba040916_bb.JPG
サシバ 東南アジア、中国南西部方面に渡って行きます。

sasi041001ac.JPG
サシバの群れ 山頂周囲に発生する上昇気流をとらえて高度を
上げたら滑空する省エネ飛行で西方に渡って行きます。

sasi030225ee.jpg
サシバ(沖縄中部にて) 多くのサシバは島伝いに東南ア
ジア方面に渡りますが、少数は沖縄で冬を越します。

chogen041001aa.JPG
チョウゲンボウ 山頂のアンテナの先に止まろうとしました。


| | Comments (5) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »