« コミミズク | Main | カモメの嘴の斑 »

March 11, 2007

野鳥の警戒心

三浦海岸のいつもの場所でカモメを観察していると
遠くの方から散歩している人が近づいて来ました。
鳥を見ていると、よくこんな人が現れて(悪意は無
いんでしょうが)折角見ている鳥を飛ばしてくれる
んです。
カモメはまだ気にしていないようです。その先にい
るカラスもまだ逃げていないです。
どこまで近づいたら飛び立つだろうと興味が湧いて
きました。

Pict7605d

そろそろ、いつ飛び立ってもおかしくない距離まで
近づいて来たかな?
カラスはもう逃げてしまった。

Pict7607a

あっ、遂に飛び立ってしまいました!

Pict7608b

これでカモメの観察は中止!

Pict7609

|

« コミミズク | Main | カモメの嘴の斑 »

Comments

浜辺で休んでいるカモメの群れの中を平気で突き進んで行く人が時たま居ますが、デリカシーの無さにはがっかりしますね。
特に犬を連れての散歩には、腹立たしさすら覚えます。
私の場合は、長年修練を重ねてきたおかげで、4~5mまで寄っても逃げられたりはしません(笑)。

Posted by: y_stork | March 11, 2007 at 09:36 PM

Y_stork さん、こんにちは!

>浜辺で休んでいるカモメの群れの中を平気で突き進ん
>で行く人が時たま居ますが、・・・・・

 全く同感です。
 鳥とか人間以外の生き物に関心が無い人が多いんです
 ね。

>長年修練を重ねてきたおかげで・・・・・

 修練というか、毎日のように通ってカモメに仲間とし
 て認知されたのではないですか?
 それともやっぱり修行の成果ですか?

Posted by: ウラガのカラス | March 12, 2007 at 06:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33375/14220572

Listed below are links to weblogs that reference 野鳥の警戒心:

« コミミズク | Main | カモメの嘴の斑 »