« April 2008 | Main | June 2008 »

May 27, 2008

カワセミ

朝食後、高速を飛ばして自宅から30分ほどの所に
ある公園に行ってみましたが、あまり多くの鳥には
会えませんでした。

ホトトギスが鳴きながら上空を飛んでいましたが
遠すぎて写真は写せなかったです。

草むらで地鳴していたオオヨシキリが一瞬姿を現し
アシの茎に止まりましたが、姿に見とれてシャッター
を押そうとしたら電源が入っていなかったです。(*_*)

小さな池にオーバーハングした枝にカワセミの幼鳥
がじっと止まっていました。
Pict3136a

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 24, 2008

近くのハヤブサ

今日は午前中にハヤブサを見に行ってきました。
大体毎年見に行っているのですが、今年は初めて
でした。
小鳥を追いかけてあちこち飛び回ってくれたので
飛んでいるところも写真に撮れました。

Pict3117080524

Pict3088

Pict3100

Pict3062

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 19, 2008

天売島の往路・復路

天売島と羽幌港を結ぶフェリーの船上からは往路・復路
とも海鳥を観察しました。
そして帰途羽幌町から千歳に向かう途中で岩見沢市の
自然公園で短時間の探鳥を楽しみました。

ミズナギドリの群
ハシボソミズナギドリとハイイロミズナギドリが主体の
群のようでオオミズナギドリの姿は少なかったです。
Dscn0163

鳥山(とりやま)
ウミネコやオオセグロカモメが主体で周囲には
ウトウが浮いていました。
Pict2962

ウトウ
海上を群で飛ぶウトウの姿がよく見られました。
Pict2976

夏羽のオオハム?
Pict2700

エゾフクロウ
Pict2992

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2008

天売島の山野の鳥

天売島では早朝から島内を歩き回り、渡りの途中で寄る
いろいろな野鳥や北海道の夏鳥に会えました。
北に帰る冬鳥のツグミがまだ沢山滞在していました。

ノゴマ
いたる所で囀る姿が見られました。
Pict2711

ノゴマ
Pict2814

ベニマシコ
Pict2716

ベニマシコ
Pict2846

キマユムシクイ
早朝、神社の境内で撮影
Pict2728

ノビタキ(♂)
Pict2816_2

オオジシギ
Pict2838

コサメビタキ
Pict2848

アリスイ
神社周辺でよく見かけました
Pict2891

ベニヒワ
神社周辺で見つけました。
Pict2931

マヒワ
上空を群で飛び回ったり、草地で採食していました。
Pict2939

コホオアカ
漁港と住宅地の草地で見ました。
Pict2944

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 16, 2008

天売島の海鳥(その2)

天売島で繁殖する海鳥は8種類(ウミガラス、ケイマフ
リ、ウトウ、ウミスズメ、ウミウ、ヒメウ、オオセグロ
カモメ)だそうですが、今回はこれらの全種を見ること
ができました。

ケイマフリ
夏羽は真っ黒な体に目の周りの白い筋と赤い足が特徴です。
数は激減して1994年時点で23つがいだったそうです。
Pict2787

海面上を飛ぶケイマフリ
Pict2691

魚をくわえて営巣地に戻ってきたウトウ
天売島では50万つがいが繁殖する世界最大のコロニーに
なっています。
Dscn0210

ウトウ
まだ餌を運んでこない個体の方が多かったです
Dscn0194

ウトウのコロニー
無数の巣穴だらけでした。
Dscn0262

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 15, 2008

天売島の海鳥

三浦半島の友人達と北海道の天売島に行ってきました。
沢山の海鳥と野山の鳥達に会えました。
今日は天売島のシンボルとなっているウミガラス
(別名:オロロン鳥)を紹介します。

ウミガラスは最盛期の数万羽から激減して現在は20羽
以下となり、最も絶滅の危険が高い種となっています。
天売島の情報については下記サイトなどがあります。

 http://www.teuri.jp/frame2/index.html

 http://www.haboro.tv/teuri/t_miru1.html

天売島港に入ると大きなウミガラスの像が目に入る
Dscn0292

ウミガラス
本物は右端の1羽のみ。あとはウミガラスのコロニー
復活を目指して環境省が設置した多数のデコイ(模型)
Pict2767

常時ウミガラスの鳴き声を流す音響装置
Pict2750

ウミガラス
運良く海面に浮いている個体を観光船から撮影
Pict2773

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2008

馬堀海岸の鳥

連休中は混雑を避けて自宅周辺の鳥ばかり見ていま
したが、今も引き続き近所の鳥を見ています。

馬堀海岸のキョウジョシギは昨年の5月5日には
約200羽も居ましたが今年はまだ23羽が最高です。
別のルートを北上しているのかも知れません。

キョウジョシギ
Dscn0118

ウミウ
珍しくテトラの上で長い間休んでいました
Dscn0109a

オナガ
5羽ぐらいがプールの周辺を飛び回っていました
Dscn0125a

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 08, 2008

城ヶ島のコムクドリ

昼頃ちょっと城ヶ島へ行ってきました。
城ヶ島大橋を渡って直ぐの大きな無料駐車場に車を
止めて畑の中の小道を歩いてきましたが、真っ昼間
だったので予想通り野鳥達の動きは不活発でした。

コムクドリ
Pict2685

コムクドリとキジバト
Pict2682

コムクドリとヒヨドリ
Pict2687jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 06, 2008

沢山池の野鳥

横須賀市の南西部にある沢山池は昔、小川を堰き止めて
大きな池にして釣り堀になっていましたが、ある日訪ね
てみると何故か水は抜かれて荒れ果てていました。

危険なので周囲は立ち入り禁止の針金で囲まれ訪ねる人
も殆どいません。タチヤナギが群生して風が吹くと白い
小さな綿毛のようなもの(種?)が舞い上がっていました。
野鳥にとっては安全な滞在場所になっています。

コガモ オス1羽とメス3羽が居ました。
Pict2590080505

コガモのメス
Pict2600080505

数日前にはコチドリが1羽寄っていました
Pict2542080501

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2008

馬堀海岸のキョウジョシギ

小雨でしたが馬堀海岸を覗いてきました。
3羽のキョウジョシギが居ました。
去年の5月上旬には渡りの途中のキョウジョシギが
沢山羽を休めていたので、期待して出掛けたのです
が未だちょっと早かったようです。

キョウジョシギ
Dscn0082kyojyo080501a

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »