« October 2008 | Main | December 2008 »

November 16, 2008

馬堀海岸の遊歩道沿いに点在する消波用のテトラ
ポットは鳥達の止まり場所になっています。
アオサギは休息場所として、その他の小鳥は休息と
採食場所としているようです。

年間を通してよく止まっているのはアオサギです。
同じ場所に止まって長時間休み、別のテトラに
移動することもあります。コサギが来ることも
あります。
Dscn1400

イソヒヨドリも良く止まっています。
同じ場所にじっと止まっている時間は短く、
少しずつ移動します。
Dscn1345

カワウも近くで潜水して魚を捕りに来た時に休息や
羽を乾かすために止まることがあります。
Dscn0108_2

キョウジョシギ
渡りの時に多数が寄ってゆきます。
Pict8116c

キアシシギも渡りの時に数羽が寄ってゆきます。
Pict8111

イソシギは留鳥ですがテトラに止まっていることを
見かけるのは少ないです。小型で同じ場所にじっと
していないので見つけにくいためかもしれません。
Pict4448

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2008

今日の轡堰と長井

朝のうちは雨雲が垂れ込めていましたが10時頃から
青空が見えてきたので轡堰と長井に行ってきました。

午前中の轡堰はカワウは海に出払って少なくゴイサギ
がカワウに代わって池の中央にある築島に沢山羽を
休めていました。
Dscn3137

岸辺に集まって休んでいたカワウの中には右脚に2つ
の標識を付けた個体が居ましたが記号は読めなかった
です。成鳥羽になっているので、長い間にすり減って
しまったためでしょうか。
Dscn3160a

築島の岸辺にはアオサギの死骸が横たわっていました
が、そのうちにハシブトガラスが近づいてきて死骸を
ついばみ始めました。
Dscn3140

長井の磯では餌を探して少しずつ動き回るクロサギの
姿がありました。
Dscn3195a

磯で羽を乾かす多くのカワウの中にも標識を
付けたカワウが見つかりました。
標識の記号から、この個体は10月26日に轡堰で
確認した個体です。
Dscn32114p8

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2008

走水海岸のミサゴ

最近私の散歩コースの一つである走水海岸の端にある
小さな岬のカラスザンショウの枝にミサゴをよく見か
けます。
デジカメで写すには遠すぎるので、注意深く近づいて
行ったのですが、100m位まで近づいたところで
飛ばれてしまいました。(*_*)

翌日はデジスコセットを持って行ってみたら、同じ
木にまた止まっていました。
今度は何とか撮れました。
Dscn3133misago

下を向いて降りてきた瞬間
夕暮れが迫っていたのでシャッター速度が
遅くて少しブレてしまいました。
Dscn3132_osprey_landing

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2008

標識が付けられたカワウ

轡堰には沢山のカワウが住み着くようになり、
その中には標識が付けられた個体が目につく
ようになりました。

そこで、最近見かけた9個体について標識記号
を確認し関係先に報告したところ標識が付けら
れた日および場所を連絡頂きました。

確認した9個体のうち6個体は小櫃川河口で
2個体は行徳鳥獣保護区で、1個体は第6台場
で去年から今年にかけてヒナの段階で装着された
ことが分かりました。

標識記号 7K7 の個体
去年の5月12日に小櫃川河口で標識が装着
された個体です。未だ完全な成鳥羽になって
いないようです。
Dscn28377k7_2

標識記号 5P8 の個体
今年の4月20日に小櫃川河口で標識が装着
された個体です。
Dscn2846_5p8

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2008

久しぶりの鎌倉

今日は鎌倉の定例探鳥会に参加してきました。
鎌倉駅前8:30の集合時刻から遅れること約50分、
佐助稲荷の石段のところでやっと皆さんに追いつき
ました。
シメが沢山渡って来ていました。
アオジやツグミ、アカハラまたはシロハラも確認
されましたがまだ数が少ないようで、私は確認でき
なかったです。

ハイキング道のガードレールの直ぐ下でカナムグラの
実を食べているアトリ1羽を多くの皆さんと一緒に
目撃することが出来ました。

直ぐ近くだが目立たない所で見つかったアトリ
Dscn1847_in_a

カナムグラの実を食べていました。
Dscn1849a

やっと見やすい所に出てきました。
Dscn1851a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2008

伊豆沼のマガンとハクガン

探鳥旅行会に参加して伊豆沼・蕪栗沼に行ってきました。
天候にも恵まれ多数のマガンを飽きることなく眺める
ことができました。

マガンは昼間は伊豆沼の周辺の収穫の終わった水田
などで採食しています。
Dscn2914

刈り取りが終わって水が抜かれた水田で
菜食するマガン。
Dscn3069

首に標識を付けられた個体も居ました。
Dscn2998

人の接近などで警戒して一斉に飛び上がった群。
Dscn1832

時には上空を通過することも。
Dscn1830

伊豆沼の日没(16時34分撮影)
日没を背景に沢山のマガンを期待していたが
沢山のマガモが戻り始めたのは日が落ちてから
でした。
Dscn1734a

伊豆沼の夕暮れ(16時50分撮影)
群が戻り始め、次々と着水しました。
Dscn1751a

約6万羽のマガンの中から僅か2,3羽という
ハクガンが遠くに見つかりました。
Dscn3045

何枚かデジスコで写した一枚を拡大してみました。
Dscn3049a

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »