« January 2009 | Main | March 2009 »

February 20, 2009

河津桜と野鳥

三浦市の河津桜が満開になっていると聞いたので見に
行ってきました。
地元の人に聞いたら河津桜は満開の期間が長く1ヶ月
近く咲いていて、花の色も濃くなるそうです。

花の中をメジロやヒヨドリがチイチイ鳴きながら活発に
飛び回っていました。
Dscn2908a

Dscn2903a

Dscn2892

小松が池の河津桜も満開でした。
Dscn2920

池にはオナガガモやキンクロハジロ、ホシハジロが
滞在していました。
Dscn2928

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 15, 2009

昨日の浦賀港

昨日の浦賀港内は前日の強風を避けてユリカモメ
だけでなく、いつもは浦賀港の外に設置してある
生け簀も港内に避難していました。
生け簀の周囲には中のシコイワシを狙ってダイサギ
やアオサギが止まっていました。
Dscn3850a

生け簀
Pict9362b

生け簀に止まったダイサギやアオサギ
Pict9332

シコイワシはカツオ漁の餌になるそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2009

無数のユリカモメ

今朝浦賀港沿いの道を車で通りかかったら沢山の
カモメが目に入ったので車を止めてシャッターを
押しました。
カメラをズーミングしてワイドにしても全数を取り込む
ことは出来なかったです。
約3000羽くらいのユリカモメでした。
昨日の強風を避けて静かな湾内に入ってきたので
しょうか。
Pict9314

Pict9349b

対岸に移動して写した写真です。
ヨットハーバーもびっしりとユリカモメが占領し
ていました。
Dscn3849

夕方4時過ぎに行ってみたらユリカモメの大群は
姿を消していました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 12, 2009

遥か遠方のチドリ

大きな磯の先の小さな岩礁にチドリを見つけましたが
プロミナで見ても遠すぎて容易に識別が出来ません。

幸いチドリは10分以上同じ場所に居てくれたので
図鑑を参照しつつ観察しましたが結局自信を以て識別
することは出来なかったので、強風の中デジスコで
何枚かの写真を撮り、家に帰ってからベテランに画像
をメールしてアドバイスを仰いだ結果シロチドリと
判定していただきました。

シロチドリ
デジスコで写した最初の写真
Dscn3761a

シロチドリの部分を拡大した写真
胸の黒班が中央で切れているように見えます。
(強風のためピントがブレています。)
Dscn3761

以下は別の写真を同様に拡大したものです。
(全て同一個体です。)
Dscn3772b

Dscn3774c

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2009

長井の磯にウミアイサ

相模湾に面した長井の磯でカワウを観察していたら
磯の中の海面にウミアイサが3羽浮いているのが見
つかりました。
そのうち1羽は小さな岩に上がり羽繕いを始めました。
一瞬頭を上げたところをデジスコでパチリ。
Dscn3843

他の2羽はその近くを動き回っていました。
Dscn3818

他所に移動することなく同じ場所に長い間留まって
いました。
Dscn3845

時には羽ばたいたり。
海の生活に適応した足の位置に注目ください。
Dscn3813

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2009

走水海岸のカモメとヒメウ

今日の走水海岸にはいつものように沢山のカモが海面に
浮いていましたが、珍しくオオセグロカモメが水際近くに
降りて頭を何度も海に突っ込んで水浴びしていました。
Pict9219

水浴びが終わると間もなく飛び立って行きました。
Pict9220

水際から100メートルほど沖にある消波用のテトラの
上に絶滅危惧種のヒメウが1羽休んでいました。
(一番右の個体, 他の2羽はウミウ)
Pict9225a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2009

三浦海岸のカナダカモメ

三浦海岸でのカナダカモメの撮影にやっと成功しました。
銚子に行けばもっと容易に会えそうですが、近場の三浦
半島で会いたいなと、こだわっていたので、やっと見つけ
ることができ、嬉しい限りです。(^。^)。

見つけた時に写した最初の写真
中央で寝ている個体がカナダカモメ
三浦海岸に沢山居るセグロカモメに比べて羽の色が淡く
足が短くて細いので「怪しい」と思いシャッターを押し
ました。
Pict9171a_3

頭を出すのを辛抱強く待っていたら目を覚ましてくれ
ました。
セグロカモメより少し小型(背が低い)で頭が丸く、
頭の斑がもやっとして、嘴が小さいことが確認でき
ました。
Pict9174a_3

嘴の下側に赤と黒の班があります。
Pict9186a_2

左を向いた姿
嘴の下側の班は赤のみです。
Pict9183a

一人で見つけたので何となく自信が無かったので、三浦
海岸で海鳥をよく観察している私の師匠に写真を送って
確認していただいたら、間違いなくカナダカモメである
と確認してくれ、去年も飛来した個体と同一であろうと
のコメントをいただきました。

| | Comments (699) | TrackBack (0)

February 04, 2009

城ヶ島のウミウとヒメウ

先日、城ヶ島のウミウの展望台に行ってきました。
展望台からは城ヶ島で冬を過ごすウミウが休息する
半島が眺められます。

半島の全景
半島の崖はウミウの糞で白くなっています。
Dscn2737a

崖の一部を拡大
Dscn3497a

太平洋に突き出た半島の先端部にも沢山のウミウが
Dscn3500a

沢山のウミウに混じって休息する1羽のヒメウ
ヒメウはウミウより一回り小さく、絶滅危惧種です。
この日は3羽のヒメウを確認できました。
Dscn3485a

海上から見た崖の全景
ウミウの展望台から見える崖は画面左側の4分の1
だけです。(一番上の写真「半島の全景」の裏側と
言うか、向こう側の崖です。)
Pict9443view_from_sea

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »